たち‐あい〔‐あひ〕【立(ち)会(い)】 の意味

  1. その場にいて物事の成り行きや結果を見守ること。また、その人。「関係者の立ち会いを求める」
  1. 取引所で、会員が集まって売買を行うこと。「後場の立ち会い」

たち‐あい〔‐あひ〕【立(ち)会(い)】の慣用句

  1. たちあいえんぜつ【立会演説】
    • 互いに違った意見をもつ人々が、同じ場所で、交互に行う演説。「立会演説会」
  1. たちあいがいとりひき【立会外取引】
  1. たちあいじかん【立(ち)会(い)時間】
    • [補説]東京証券取引所の場合、前場は午前9時から午前11時30分まで。後場は午後0時30分から午後3時まで。
  1. たちあいじょう【立会場】
    • [補説]日本では、コンピューターシステム化が進んだため廃止されている。
  1. たちあいていし【立会停止】
    • 取引所で、売買量が急増して処理が不能となったときや相場に急激な変動が起こったときなど、秩序を保つために一時立ち会いを停止すること。停会。
  1. たちあいにん【立会人】
    • あとの証拠のために、その場に立ち会う人。「選挙の立会人」
  1. たちあいば【立会場】