たち‐つく・す【立(ち)尽(く)す】例文一覧 1件

  1. ・・・に別れたわが子に三十年後にはじめてめぐり会った人があったとしたら、どんな心持ちがするものか、それは想像はできないが、それといくらか似たものではないかと思われるような不思議な心持ちをいだいてこの絵の前に立ち尽くすのであった。 次男が生まれ・・・<寺田寅彦「庭の追憶」青空文庫>