たち‐のき【立(ち)退き】例文一覧 5件

  1. ・・・作法通り、立ち退き先の所書きは、座敷の壁に貼ってある。槍も、林右衛門自ら、小腋にして、先に立った。武具を担ったり、足弱を扶けたりしている若党草履取を加えても、一行の人数は、漸く十人にすぎない。それが、とり乱した気色もなく、つれ立って、門を出・・・<芥川竜之介「忠義」青空文庫>
  2. ・・・すると御免とも云わずに表の格子戸をそうっと開けて、例の立退き請求の三百が、玄関の開いてた障子の間から、ぬうっと顔を突出した。「まあお入りなさい」彼は少し酒の気の廻っていた処なので、坐ったなり元気好く声をかけた。「否もうこゝで結構です・・・<葛西善蔵「子をつれて」青空文庫>
  3. ・・・しかるに、移転して三月目にその家が焼夷弾で丸焼けになったので、まちはずれの新柳町の或る家へ一時立ち退き、それからどうせ死ぬなら故郷で、という気持から子供二人を抱えて津軽の生家へ来たのであるが、来て二週目に、あの御放送があった、というのが、私・・・<太宰治「十五年間」青空文庫>
  4. ・・・あなたと別れてからここを立ち退き、いまは漢水の神烏になっているのです。さっき、この呉王廟にいる昔のお友達があなたのお見えになっている事を知らせにいらして下さったので、あたしは、漢陽からいそいで飛んで来たのです。あなたの好きな竹青が、ちゃんと・・・<太宰治「竹青」青空文庫>
  5. ・・・あなたはここをどうかお立ち退きください。わたくしは帰ってこの事情を云わないわけにも参りませんから。」 デストゥパーゴはしょんぼりとして云いました。「いまわたくしは全く収入のみちもないのです。どうか諒解してください。」 わたくしは・・・<宮沢賢治「ポラーノの広場」青空文庫>