たち‐はだか・る【立ちはだかる】例文一覧 1件

  1. ・・・今開く路ならどこへでも体ごと投げそうな千鶴子の前に思わず立ちはだかるように、はる子は、「×さんがしたからって何もあなたが……」と云った。稍々自分を鎮めてから、はる子は更に云った。「まあもう少し坐っていらっしゃい。――貴女折角それ・・・<宮本百合子「沈丁花」青空文庫>