たちばな【×橘】 の意味

  1. ミカン科の常緑小高木。枝にとげをもち、葉は小さい。6月ごろ、白い5弁花を開く。実は小さく、黄熟しても酸味が強く苦みもあり食用にはしない。日本たちばな。 実=秋 花=夏》「青き葉の添ふ―の実の割かれ/草城
  1. カラタチバナの別名。
  1. 生食された柑橘 (かんきつ) 類の総称。
  1. 紋所の名。タチバナの葉と実とを組み合わせて描いたもの。

たちばな【×橘】の慣用句

  1. たちばなづき【橘月】
    • 陰暦5月の異称。
  1. たちばなどり【橘鳥】
  1. たちばなもどき【橘擬】
    • バラ科の常緑低木。枝にはとげがあり、長楕円形の葉を密につける。初夏、黄白色の花が密生して咲き、実は平たい球形で橙黄色に熟す。中国の原産。庭木や生け垣などにする。ピラカンサ。ほそばのときわさんざし。
  1. たちばなやき【橘焼(き)】
    • すりつぶした魚の肉をビワの実の大きさに丸め、クチナシで黄色に色づけし、たれ味噌で煮てカラタチの枝に挿した料理。
  1. たちばなを【橘を】
    • [枕]橘の木を守るために番人を置く意から、地名の「守部(もりべ)」にかかる。
      「―守部の里の門田早稲(かどたわせ)」〈・二二五一〉