たち‐ばなし【立(ち)話】 の意味

  1. [名](スル)立ったままで話をすること。また、その話。「道端で立ち話する」
  • 名詞