たちばな‐を【×橘を】 の意味

  1. [枕]橘の木を守るために番人を置く意から、地名の「守部 (もりべ) 」にかかる。
    • 「―守部の里の門田早稲 (かどたわせ) 」〈・二二五一〉