出典:デジタル大辞泉(小学館)

刀剣の銘で、左腰に刃を下にして佩 (は) いたとき、茎 (なかご) の差表 (さしおもて) 側になる方に彫ったもの。→刀銘 (かたなめい) 

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉