だっ‐こく【脱穀】例文一覧 2件

  1. ・・・「べらぼうめえ、無えものは無えやナ、おれの脱穀を持って行きゃ五六十銭は遣すだろう。「ホホホホ、いい気ぜんだよ、それでいつまでも潜っているのかい。「ハハハハ、お手の筋だ。「だって、後はどうするエ。一張羅を無くしては仕様がないじ・・・<幸田露伴「貧乏」青空文庫>
  2. ・・・玉蜀黍の脱穀をしてるんだ。機械は八時半から動くからな。今からすぐ行くんだ。」農夫長は隣りで脚絆を巻いている顔のまっ赤な農夫を指しました。「承知しました。」 みんなはそれっきり黙って仕度しました。赤シャツはみんなの仕度する間、入口にま・・・<宮沢賢治「耕耘部の時計」青空文庫>