出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]《「ただ(唯)」の音変化》
  1. 数量が少ないことを強調するさま。わずか。ほんの。「出発までたった1時間しかない」「たったの100円だ」

  1. ごく近い過去を強調するさま。

    1. 「―こないだのように思っていたけれど」〈三重吉・桑の実〉

  1. ひたすら。いちずに。

    1. 「―説かせませ」〈狂言記・宗論

出典:gooニュース

出典:青空文庫