出典:デジタル大辞泉(小学館)

[1239~1289]鎌倉中期の僧。伊予の人。時宗 (じしゅう) の開祖。法名は智真 (ちしん) 。延暦寺に入り、太宰府で法然の孫弟子聖達に浄土教を学ぶ。のち熊野に参籠 (さんろう) 、霊験により一遍と号し、他力念仏を唱えた。衆生済度のため、民衆に踊り念仏を勧め、全国を遊行 (ゆぎょう) した。遊行上人。捨聖 (すてひじり) 。円照大師。