出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 言葉や動作が荒々しいこと。また、そのさま。

    1. 「俺 (おら) が家はむかし代官だぞよ、と二言めには―に成りますので」〈鏡花・眉かくしの霊〉

  1. 声が調子はずれに甲高いこと。また、そのさま。

    1. 「―のとんきょ声」〈浄・盛衰記

  1. 江戸深川の遊女や芸者の出身であること。

    1. 「焼くはづさ―の小指なり」〈柳多留・一〇四〉