出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]
  1. 立ててあること。「立て看板」

  1. 酒宴。遊興。

    1. 「こりゃ―に行く大尽衣装ぢゃ」〈浄・歌祭文

  1. 他人の分の遊興費も払ってやること。おごり。

    1. 「わたしが―でござります」〈伎・韓人漢文〉

  1. 筋。筋道。

    1. 「なあに、そりゃあ軍書の講釈だ。あっちのは―が違はあ」〈滑・浮世床・初〉

  1. おきて。とりきめ。

    1. 「この廓の―だといっても」〈人・娘節用・前〉

[接頭]人・役目などを表す名詞に付いて、その役目の中心であること、首位であることを表す。「立て女形 (おやま) 」「立て行司」「立て三味線」「立て役者」
[接尾]
  1. 動詞の連用形に付いて、その動作が終わったばかりであることを表す。「炊き立ての御飯」「でき立てのビル」

  1. 助数詞。

    1. ㋐連続しての負けを数えるのに用いる。「下位チームに三立てをくう」

    2. ㋑勝負事などの回数を数えるのに用いる。

      「博奕をして遊びけるに、一―に五貫十貫立てければ」〈太平記・三三〉

[美術・音楽/音楽]カテゴリの言葉