出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. 意気や侠気 (きょうき) をひけらかすこと。また、そのさま。「伊達な若い衆」「男伊達」

  1. 人目を引くはでな服装や振る舞いをすること。見えを張ること。また、そのさま。「伊達や酔狂ではない」

  1. 好みがしゃれていること。考え方がさばけていること。また、そのさま。粋 (いき) 。「伊達に着こなす」

    1. 「さすが茶人の妻、物好きもよく気も―に」〈浄・鑓の権三

[補説]人目につくようにする意の「立つ」の連用形「立て」からとも、伊達政宗の家来がはでな服装であったからともいう。