出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「たてしゅ」「だてしゅう」「だてし」とも》

  1. だてを好む人。粋 (いき) 好みの人。また、そのような連中。

    1. 「のんこに髪結うてのららしい、―自慢と言ひそな男」〈浄・天の網島

  1. 侠客 (きょうかく) 。男だて。

    1. 「及ばずながら―の端くれ…江戸の男と立てられる」〈伎・霊験曽我籬〉