出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「いっぽんきょう」とも》

  1. 法華経などの写経の際、多くの人が一品ずつ分担して書写すること。

  1. 法華経二十八品を一品ずつ各一巻に仕立てたもの。また、その一品ずつを仏前で読誦 (どくじゅ) すること。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉