出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. (あとに逆接条件を表す「ても」「でも」「とも」などを伴って)仮にある事柄を想定しながら、結果はそれに影響されないことを表す。もし…だとしても。仮に。よしんば。たとえ。「―失敗しようとも悔いはない」

  1. (多く、あとに「ば」を伴って)もし。仮に。

    1. 「―汝此の国を治 (し) らば、必ずそこなひやぶる所多けむとおもふ」〈神代紀・上〉

[補説]語源はハ行四段活用の動詞「たとふ」の連用形と推測されるが、「たとふ」の確かな例は見当たらない。漢文訓読系の語とされる。