たと・える〔たとへる〕【例える/×譬える/喩える】例文一覧 4件

  1. ・・・破船――というより外に自分の生涯を譬える言葉は見当らない。それがこの山の上の港へ漂い着いて、世離れた測候所の技手をして、雲の形を眺めて暮す身になろうなどとは、実に自分ながら思いもよらない変遷なのである。 こう思い耽って居ると、誰か表の方・・・<島崎藤村「朝飯」青空文庫>
  2. ・・・ 論文に譬えると、あの婦人雑誌の「新婦人の進路」なんていう題の、世にもけがらわしく無内容な、それでいて何やら意味ありそうに乙にすましているあの論文みたいなものだということになりそうだ。 どんなに自分が無内容でも、卑劣でも、偽善的でも・・・<太宰治「如是我聞」青空文庫>
  3. ・・・布地にでも例えると、茶色っぽい綿モスリンのような雰囲気――つまり、どんなに燈灯が軒なみに輝いても、それを明快にキラキラ反映させる何かが無い、明るさを吸い込んでしまう。そんな心持がする。奇妙なことに、私は牛込区という名をきくと、決して神楽坂ば・・・<宮本百合子「茶色っぽい町」青空文庫>
  4. ・・・この時間中だけ、平常妙に表面的に、形式的に扱われている人間と云うものが、真個に生き、意慾し、活動する生存とし、左右から見られ、切り下げられ、探究されるよろこばしさは、例えるに物がなかった。 心理学と云う学問そのものが珍しかったことは争え・・・<宮本百合子「弟子の心」青空文庫>