出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. ある事柄が終わるときの限度がないさま。末長く。「何時迄もお幸せに」

  1. どこまでも。あくまでも。

    1. 「―辞退仕りまする」〈虎寛狂・素襖落