出典:デジタル大辞泉(小学館)

不幸のあったとき、他人は悲しみを分かつというより饗応にありつくために集まってくる。親 (しん) は泣き寄り他人は食い寄り。