たぬき‐ねいり【×狸寝入り】例文一覧 1件

  1. ・・・けれども、監獄に抛り込んである首謀者共が、深夜そうっと抜け出して来て、ブン殴っておいて、またこっそりと監房へ帰って、狸寝入りをしている、と云う考えは穿ちすぎていた。けれども、前々からそう云う計画が立てられてあっただろう、とは考えられない事で・・・<葉山嘉樹「乳色の靄」青空文庫>