たぬき‐ばやし【××囃子】例文一覧 1件

  1. ・・・書生達の唄は響いて一種の狸囃子であった。 そのうち月は益々冴え、庭のオレゴン杉の柔かな茂みの蔭に、白い山羊が現れた。燦く白い一匹の山羊だ。 山羊は段々大きい山羊になった。見ると、白い山羊と向い合って、黒い耳長驢馬が一匹立って居る。白・・・<宮本百合子「黒い驢馬と白い山羊」青空文庫>