出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 植物が発芽するもとになるもの。種子 (しゅし) 。「種を蒔 (ま) く」

    1. ㋐人または動物の系統を伝えるもととなるもの。精子。「種を宿す」「馬の種をつける」

    2. ㋑(「胤」とも書く)血筋。血統。父親の血筋をさすことが多い。また、それを伝えるものとしての、子。「高貴の種」

  1. 物事の起こる原因となるもの。「混乱の種」「悩みの種」

  1. 話や小説などの題材。「うわさの種になる」

  1. 料理の材料。また、汁の実 (み) 。「おでんの種」「すし種」

  1. 裏に隠された仕掛け。「手品の種を明かす」

  1. よりどころとするもの。「生活の種」「飯の種」

  1. 物の、質。「客種」