たび‐ごころ【旅心】例文一覧 2件

  1. ・・・きて春の日の舞ふ水車桜の小枝たわめつゝ   ゆるくまはれり小春日の村白壁の山家に桃の影浮きて   胡蝶は舞はでそよ風の吹くなつかしき祖母の住居にありながら   まだ旅心失せぬ悲しさなめげなる北風に・・・<宮本百合子「旅へ出て」青空文庫>
  2. ・・・ 旅客の姿、赤帽の赤い帽子、粗末な停車場なのが却って藍子の旅心を誘った。「どうします?」 尾世川がバスケットを取って戻って来た。「――このまんま帰っちゃうのも惜しいようだな」 二人は列車発着表の前へ立った。「――成田・・・<宮本百合子「帆」青空文庫>