たび‐ざし【旅差(し)】 の意味

  1. 江戸時代、庶民が旅をするときに護身用に差した刀。道中差し。
  • 名詞