たび‐やくしゃ【旅役者】例文一覧 2件

  1. ・・・浪という芸者が、いましたけれど、いつも男の言うこと聞きすぎて、田舎まわりの旅役者にだまされ、この土地に居られなくなり、いまはASという温泉場で、温泉芸者している筈です、という答えであった。「そうか。浪は、昔から、そういう子だったんだ。」・・・<太宰治「デカダン抗議」青空文庫>
  2. ・・・ 一八七九年、ようやく二十を越したばかりのデュウゼは旅役者の仲間に加わってナポリへ行き、初めてテレエゼの役をつとめたが、二三日たつと彼女の名はすでに全イタリーに広まっていた。一か月の後にはツェザアレ・ロッシ一座の立て女優としてチュウリン・・・<和辻哲郎「エレオノラ・デュウゼ」青空文庫>