タフトハートレー‐ほう〔‐ハフ〕【タフトハートレー法】 の意味

  1. 1947年6月に制定された米国の労使関係法の通称。提案者タフトと下院労働委員長ハートレー(F.Hartley)の名に由来。クローズドショップ制の禁止、ストライキの禁止などを内容とし、1935年のワグナー法で認めた労働者の諸権利を大幅に修正した。