だ‐ぶん【駄文】例文一覧 1件

  1. ・・・の作家か知っているだろう。 君は、代議士にでも出ればよかった。その厚顔、自己肯定、代議士などにうってつけである。君は、あの「シンガポール陥落」の駄文その中で、木に竹を継いだように、頗る唐突に、「謙譲」なんていう言葉を用いていたが、それこ・・・<太宰治「如是我聞」青空文庫>