出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏塔の一形式。本来は多宝如来を安置する塔をさす。日本では上層を円形、下層を方形とした塔身の二重塔をいい、下層屋根上の亀腹 (かめばら) が特徴。現存最古の例として鎌倉時代初頭の石山寺のものがある。