出典:デジタル大辞泉(小学館)

玉を敷き並べる。また、玉を敷いたように美しいようすである。

「―・ける清きなぎさを潮満てば飽かず我行く帰るさに見む」〈・三七〇六〉