(たま)に使(つか)・う の意味

  1. たくらみの手段に使う。
    • 「わざと須河奴 (め) を―・って、しばしば牛肉屋へ出掛たがネ」〈逍遥当世書生気質