出典:デジタル大辞泉(小学館)

たましい1」に同じ。「肝っ―」「人―」

「空蝉のからは木ごとにとどむれど―のゆくへを見ぬぞかなしき」〈古今・物名〉