出典:デジタル大辞泉(小学館)

《凧の糸をすっかり繰り出す意から》心の中のすべてをさらけ出す。

「只 (ただ) 男丈 (だけ) にそこ迄 (まで) は―・さない」〈漱石草枕