出典:デジタル大辞泉(小学館)

江戸時代、春・夏・冬の年3回、浅草の蔵前で旗本・御家人に知行米・扶持米 (ふちまい) を交付する順を決める抽選法。各自の氏名および受け取り高を記した紙片を丸めて箱に入れ、その中から下に落ちた紙片の人から順に交付した。