たま‐ぐし【玉串/玉×籤】例文一覧 1件

  1. ・・・ 御玉串を供えて、白絹に被われる小さい可愛らしい棺の前にぬかずいた時今までの涙はもう止められない勢を持って流れ落ちた。 様々の思い――悲しみと悔い、心を痛めて起る様々の思いに頭が乱されてクラクラとなった、今にも何か口走りそうであった・・・<宮本百合子「悲しめる心」青空文庫>