出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]玉をつないで作った腕輪。
    1. 「其の女鳥の王の御手に纏 (ま) かせる―を取りて己が妻 (め) に与へき」〈・下〉

[枕]手に巻く意から、「まく」「手に取り持つ」にかかる。
    1. 「―まき寝 (ぬ) る妹 (いも) もあらばこそ」〈・二八六五〉

    2. 「我 (あ) が恋ふる児 (こ) を―手に取り持ちて」〈・一七九二〉