出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 玉を「緒 (を) 」に通して垂れる意から、「を」にかかる。

    1. 「―越智 (をち) の大野の朝露に」〈・一九四〉

  1. 御簾 (みす) を垂れる意、またその編み目が透く意から、「たれ」「みす」「すける」などにかかる。

    1. 「慣れてこそ心にかかれ―見ずは忘るるひまもあらまし」〈新続古今・恋二〉

    2. 「―すける心と見てしより」〈拾遺・恋一〉