たま‐ばえ〔‐ばへ〕【××蠅】 の意味

  1. 双翅 (そうし) 目タマバエ科のハエの総称。体は蚊を小さくしたような大きさ。細長い脚と幅広い翅 (はね) をもつ。幼虫が植物に寄生して虫こぶをつくるもの、植物の葉を巻くもの、アブラムシ・ダニなどを捕食するものなどがある。