出典:デジタル大辞泉(小学館)

[枕]

  1. 藻を刈る情景から、海辺の地名「敏馬 (みぬめ) 」「処女 (をとめ) 」「辛荷 (からに) 」などにかかる。

    1. 「―敏馬 (みぬめ) を過ぎて夏草の野島の崎に舟近付きぬ」〈・二五〇〉

  1. 沖にかかる。

    1. 「―沖辺は漕がじ」〈・七二〉