出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]少しの間。ほんのしばらく。
  • 「―も心を休むべき」〈方丈記
[補説]「玉響 (たまかぎる) きのふの夕見しものを今日の朝 (あした) に恋ふべきものか」〈・二三九一〉の「玉響」を「たまゆらに」とよんだところからできた語。玉がゆらぎ触れ合うことのかすかなところから、「しばし」「かすか」の意味に用いられた。