出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「たまよりびめ」とも》

神霊を宿す女性。巫女 (みこ) などの称。
日本神話で、海の神の娘。鸕鷀草葺不合尊 (うがやふきあえずのみこと) の妃となり、神日本磐余彦尊 (かんやまといわれびこのみこと) (神武天皇)ら四子を産んだ。
賀茂伝説で、建角身命 (たけつぬみのみこと) の娘。丹塗矢 (にぬりや) (火雷神 (ほのいかずちのかみ) )と結婚し、別雷神 (わけいかずちのかみ) を産んだ。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉