出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ五(四)]《古くは「たむ」とも》言葉がなまる。声がにごる。
「言葉―・みて」〈・橋姫〉
[補説]「た(回)む」からの派生で、文や言葉が折れまがるの意とし、活用も上二段とする説がある。