出典:デジタル大辞泉(小学館)

旅人の道中の安全を守る神。峠や坂の上に祭られ、昔は、旅人が幣 (ぬさ) を手向けた。道祖神 (どうそじん) 。