出典:デジタル大辞泉(小学館)

[接]前に述べた事柄が原因であることを表す語。それゆえに。それで。
  • 「却ってそういう私自身の不幸をあてにして仕事をしに来た私は、―困惑したほどであった」〈堀辰雄・美しい村〉