たもと‐くそ【××糞】例文一覧 1件

  1. ・・・ みじかい袂に、袂糞と一緒くたに塩豆を入れたりして居る下等な姑から、こんな小言はききたくないと云う様な気にはなっても、気の弱い、パキパキ物の云えないお君は、只悲しそうな顔をして、頭をゆすったり夜着を引きあげたりするばかりであった。 ・・・<宮本百合子「栄蔵の死」青空文庫>