出典:デジタル大辞泉(小学館)

(梵)Vaiśravanaの訳。音写は毘沙門 (びしゃもん) 》四天王の一。常時、如来の道場を守り、法を聞くことが最も多いことからの名。北方を守る仏法守護の神将。甲冑 (かっちゅう) をつけ、両足に悪鬼を踏まえ、手に宝塔と宝珠または鉾 (ほこ) を持った姿で表される。日本では福徳の神。多聞天王。毘沙門天。