出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. たいふ(大夫)1

  1. 神主禰宜 (ねぎ) などの神職の称。たいふ。

  1. 御師 (おし) の称。

  1. 芸能をもって神事に奉仕する者の称号。

  1. 猿楽座の座長。江戸時代以降は、観世金春 (こんぱる) 宝生金剛の四座の家元をさして、観世太夫などという。古くは能のシテ役をさした。

  1. 説経節および義太夫節などの浄瑠璃系統の音曲の語り手。また、義太夫など、名前としても使う。

  1. 歌舞伎で、立女形 (たておやま) の敬称。

  1. 近世後期、大道芸門付け芸などの芸人の称号。万歳の太夫など。

  1. 官許の遊女のうち最上位。松の位。

[宗教・思想/神道]カテゴリの言葉

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言]カテゴリの言葉

[演劇・映画/歌舞伎・浄瑠璃]カテゴリの言葉