出典:デジタル大辞泉(小学館)

[副]

  1. 力が弱ってたよりないさま。よわよわしいさま。

    1. 「知死期 (ちしご) は不思議のいい目を見せて、―として火鉢に凭 (よ) った」〈鏡花・湯島詣〉

  1. しなやかなさま。なよなよ。

    1. 「綺羅の袂を弄びながら、―としたさまで」〈芥川・きりしとほろ上人伝〉