出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. (頼り)何かをするためのよりどころとして、たよっているもの。頼み。「地図を―に家を探す」「兄を―にする」

  1. (便り)何かについての情報。手紙。知らせ。「―が届く」「風の―に聞く」

  1. 縁故。てづる。「―を求めて上京する」

  1. 都合のよいこと。便利なこと。

    1. 「凄涼たる夜色…落ち行くには―よしと」〈竜渓経国美談

  1. あることをするきっかけ、手がかり。

    1. 「彼の幽玄なる仏道をも窺い見るべき―となる」〈逍遥小説神髄

  1. つくりぐあい。配置。

    1. 「簀子 (すのこ) 、透垣 (すいかい) の―をかしく」〈徒然・一〇〉

出典:gooニュース

出典:青空文庫