出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]たよりな・し[ク]
  1. たよりにならない。あてにならない。心もとない。「―・い返事」「―・い人」

  1. たよりになるものがない。

    1. 「由縁 (ゆかり) の人を失い、―・き身となりしにつけ」〈逍遥当世書生気質

[派生]たよりながる[動ラ五]たよりなげ[形動]たよりなさ[名]